ののじの赤ちゃんスプーンはいつまで使える?幼児期を卒業しても大活躍!活用法をご紹介します。

 

↓応援クリックありがとうございます!↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ
にほんブログ村

 

 

こんにちは、梨子です。

 

毎朝、カフェラテを飲んでいます。

 

・・・と言っても、牛乳・インスタントコーヒー・パルスイートをスプーンでぐるぐるかき混ぜた、即席カフェラテです。

 

毎日使っているスプーンは、子供が離乳食をスタートする時に買ったものです。

 

 

 

 

せっかくなら、長く使えるデザインの良いものを

 

何を買うにしても、いちいちこだわって検索しまくる性分なので、子供が昼寝している時に色々と検索しました。

 

その中で、大人用のカトラリーの中に混ざっていても違和感のないデザインと質感が気に入って、「ののじ」のカトラリーセットにしました。

  

スプーン2本とフォーク1本のセットです。

 

・【新はじめてのカトラリーセット A】

 

金属の質感を子供が嫌がらないか心配でしたが、離乳食の時期から自分で食べるようになるまで、気に入って使ってくれました。

 

思いがけない理由で、使わなくなる

 

 

子供が1歳半ぐらいの頃から、左利きの傾向が出てきました。

 

つかみ食べも主に右手でやっていたので、左利きになるとは予測もしていなかったのですが、スプーンや歯ブラシを左手で持つことが多くなってきたのです。

 

ののじのカトラリーは、右利きの子にとっては自然に持ちやすい、やさしいカーブの形状になっています。

 

 

ですが、左利きの子にとってはこの形状は非常に持ちづらいのです。

 

離乳食用のスプーンを購入するときには、「自分の子供が左利きになるかもしれない」ということにまで想像力が及んでいませんでした。

 

それで、利き手の関係ないエジソンのフォークとスプーンのセットを買い足すことにしました。

 

その後も、食べさせてあげたり取り分けたりするときに「ののじ」を使っていましたが、だんだんと使う機会がなくなっていきました。

 

↓買いかえたのはこちら。右利きでも左利きでも使えます。 

 ・【エジソン フォーク&スプーン】

 

その後の、意外な?使い方

 

その後しばらくの間は「ののじ」のカトラリーを使わずにいましたが、ある時になんとなく瓶詰めの中身をすくうために使ったら、普通のコーヒースプーンよりもすくいやすくて驚きました。

 

くぼみが浅いので、スプーンに残ってしまう量が少ないのです。

 

一番小さいスプーンはゆず胡椒や豆板醤など、口径の小さい瓶詰めに。

 

フォークはジャム類に。

ジャムのような粘度のあるものは、スプーンと同じようにすくえます。

パンにものばしやすいです。

 

そして大きいほうのスプーンは、最初に書いたようにカフェラテを混ぜるマドラーとして使っています。

 

特にマドラーとしての使い方をとても気に入っています。

 

最初は「せっかく買ったのにもう使わないのはもったいない」ぐらいの気持ちで使い始めましたが、コーヒースプーンよりも柄が長くて混ぜやすいことに気づきました。

 

↓無印のコーヒースプーンとの比較です。上が無印、下がののじです。

 

いつの間にか、カフェラテを飲む時にはカトラリー入れの中からののじのスプーンを無意識に探すようになっていました。

 

たまに前日に洗い物をサボったりすると、わざわざスプーンだけ洗ってから使うほど、気に入っています。

 

我が家の場合、特に子供が左利きだったということもあり、本来の使い方での使用期間は短かったのですが、結果的にその後も大活躍しています。

 

乳児期・幼児期に購入したものの多くは譲ったり捨てたり売ったりして、手元に残っているものは多くはありません。

 

その中で、「ののじ」のスプーンは数少ない、この先もずっと使えるアイテムとして我が家に残っています。

 

ののじのカトラリーセット、高いので購入も迷われている方も多いかと思います。

本来の使い方ではないですが、購入を検討している方の参考になったら嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓ランキングに参加しています。応援クリックしてくれたら嬉しいです!↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。